バカラは一見単純で1/2の確率のゲームなのに奥は深い

バカラベットパターンと賭けるタイミングをご紹介します

バカラで最も使われる用語がいくつかあります

バカラではよく聞かれる専門用語があり、オンラインカジノのライブカジノでも通用することが可能です。バカラにはいろいろな用語がありますが、主なものを把握しておくとゲームを楽しむことができるでしょう。例えば横に走るというのはプレイヤー(P)とバンカー(B)が横方向に交互に続くことです。

落ちるはPかBが連勝して下へ続くことになり、ツラはPかBが連勝することです。横ヅラはPとBが横方向に交互に続くことで、オンラインカジノではバカラをやっていると他人と話すタイミングはないですが、これらのバカラ用語を知っておくとさらにゲームを楽しむことができます。

いろいろなベッドパターンがあり、例えばツラ追いの場合、バンカーかプレイヤーのどちらかが連続し勝ち続けている人に追うよう賭けることです。博打とケンカはツラを張れという諺もあり、ツラ張りはバカラにおいて有効的なベットパターンです。テレコの場合、バンカーやプレーヤーが交互に勝つことで、基本的にツラ追いとは同じ考え方になります。

テレコはゲームの終盤などに出現することが多いでしょう。ニコイチの場合、2勝1敗というベットパターンで続くことです。ニコイチの時大きく賭けるよりフラットベットによって、後半の流れの様子を見るベットパターンがおすすめです。ドラゴンの場合、バンカーかプレイヤーが6連続以上行うことになり、いろいろな用語を覚えておくとバカラをもっと満喫することができます。

ベットパターンとタイミングをご紹介します

バカラにはいろいろなベットパターンがあり、ランドカジノはもちろんオンラインカジノでも活用することが可能です。ライブカジノのバカラで活用すると、本場のようか臨場感を体験することができます。ツラ追いのベットタイミングとして、バンカーかプレイヤーが3連続勝った後、4回目にベットするのが基本です。一般的にバンカーが勝ちやすいと言いますが、1日数ゲームぐらいのゲーム数だとそれほど関係ありません。

バンカーが連勝するとバンカーヅラと言い、プレイヤーが連勝するとプレイヤーヅラと言います。テレコのベットタイミングとして、交互2回続いた後3回目にベットするのが基本です。ニコイチの場合、ベットタイミングはどちらかが2勝1敗というベットパターン2度繰り返した後3度目で入るベットパターンが碇石になります。ドラゴンの場合、どちらか3回続くまで待ち4回目からベットしていきます。

こちらの記事もチェック⇒「VIPバカラで「絞り(しぼり)」を楽しむ

バカラの基本は「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝利するかを予想

バカラのルールを知ってオンラインカジノを楽しむ

バカラの基本的な考え方を頭に入れる

日本でも人気が高いバカラは、オンラインカジノでも人気があるゲームです。ルールは単純なので、初心者でも参加しやすいという特徴があります。基本的なルールを知っていれば、ライブカジノにも気軽に参加できます。バカラの基本は、プレイヤーとバンカーのどちらが勝利するかの予想です。予想が当たれば配当が支払われます。引き分けになった場合は、掛け金全てが払い戻されます。

バカラに参加すると、まずディーラーがプレイヤーとバンカーにカードを2枚ずつ配ります。最大で3枚のカードを合計し、下1桁の数字が9に近い方が勝ちます。カードの数え方は2から9まではそのままの点数で数え、Aは1点になり10からKまでは0点になります。バカラはゲームの決着がスピーディーなのも特徴のひとつです。

こちらの記事もチェック⇒「バカラの数え方は他のゲームとは異なる

バカラゲームにおけるディーラーの役割

オンラインカジノでも本場のカジノと同様にディーラーがいます。ミスティーノで評判のライブカジノのバカラは、リアルなディーラーなので本場のカジノと同じような臨場感でゲームを楽しめます。バカラにおけるディーラーの役割は、プレイヤーとバンカーにカードを配るだけです。ディーラーと対戦するゲームではないので、カードを配った後のディーラーはゲームの進行を見守るだけです。

進行する役目は担ってくれるので、楽しくゲームをプレイできます。バカラの場合はディーラーのスキルが全く関係なく、すぐに勝負が決まります。初めてゲームを行う場合でも、ルールがわかっていれば問題なくゲームに入れます。最近はバカラのルールを解説したサイトも増え、誰でも簡単にルールや知識を習得できます。ライブカジノだと本物のディーラーがカードを配るので、雰囲気を楽しみたい人に好評です。

基本的なバカラ用語を知る

オンラインカジノのライブカジノでバカラを楽しむ場合、基本的なルールはもちろんバカラの用語は頭に入れておきます。シンプルなゲームですが、最低限のルールと用語の知識は必要です。基本的な用語でよく出てくるのがプレイヤーとバンカーで、プレイヤーもバンカーも賭け先のひとつです。タイはバカラの基本的な賭け先のひとつで、引き分けのときに賞金を獲得します。

バカラではトランプを入れるケースを使いますが、このケースをシュート呼びます。ディーラーがカードを配る行為はディールです。プレイヤーとバンカーの手札はハンドと呼ばれています。3枚目のカードを引く場合は、ヒットと呼びます。

バカラの流れを解説。まずは最低賭け金と最高賭け金を確認しましょう

バカラのゲームの流れについて

賭け金をベットしましょう

隙間時間を使ってオンラインカジノで遊んでみたいけれど、初めてなのでどのような遊びがあるのだろうか、初心者の場合はどのような遊びから始めるべきか良くわからない人も多いのではないでしょうか。オンラインカジノには色々なゲームがありますが、バカラはルールがとても単純明快などから初心者にもおすすめです。バカラの賭け方は、プレイヤー・バンカー・引分けの3つでプレイヤーとバンカーはそれぞれのカードの合計が9もしくは9により近いカードを出して、どちらが勝つのかを予測する、その予測に応じてベットといった形で遊ぶ形です。ちなみに、合計を9にしたり9に近づけるのは自分ではなくあくまでもライブカジノの中での参加者、他の人の勝負を見ている、そしてどちらが勝つのかを賭けるものです。

こちらの記事もチェック⇒「バカラの基本は「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝利するかを予想

ゲーム開始:Deal(ディール)について

バカラをライブカジノでやるとき、どのような流れになるのかわからない人も多いかと思われますが、バカラの流れとしては掛け金のベット・Deal(ディール)・勝敗決定の3つの順で流れます。しかも、掛け金を決めた後はライブカジノの中で展開されるやり取りでもある、ゲームの流れを見ているだけで済みますのでバカラは手間いらずのゲーム、目を離してもその瞬間を逃さないなどのメリットもあります。なお、ゲーム開始はDealのボタンを押すことで始まりますが、賭けをするときには当然ながら賭けるチップを決めることが大切です。

勝敗が決まるタイミングとは

バカラで勝ちたい、これは誰もが思うことですが勝負がつくまで自動的にゲームが流れるのが特徴です。バカラの流れを把握したときには、家族や友達同士で遊びをしたいときなど、これらのルールを当てはめれば気軽に遊ぶこともできます。なお、バカラにはいくつかの種類がありますが、流れが若干異なるものも存在します。例えば、サイコロを使ったものでは出目により配当が増えるなどの特徴も持ちます。

リアルタイムならではの緊張感!タイムリミットありルーレットの楽しみ方

ルーレットの楽しみ方についてわかりやすくご紹介

ルーレットの流れについて

オンラインカジノのルーレットをやるなら、断然ライブカジノがおすすめです。オンラインカジノはネットで遊べるカジノサイトのこと、映像を見ながらやるルーレットもあるけれども、ライブカジノならディーラーが進行役をつめるので本場のお店で遊んでいるのと同じような感覚で遊べる魅力があります。ルーレットは机に上に書いてある数字などの上にチップを置いて賭けるものですが、賭け方は1点だけでも良いですし線上に置いたときには、その四方を囲む形の数字に賭けることもできるなどいろいろなルールがあります。これは普通のお店で遊ぶ時と同じで、ライブカジノの中でも同じルールになります。

ルーレットの基本ルールについて知りましょう

ライブカジノの部屋に入るときには、ディーラーの様相などで選ぶのもおすすめ、いろいろな国籍の人が進行役をつとめているのでまずは好みの顔などで選ぶと良いでしょう。参加者全員がベットで球を回転台の中に入れて回転が止まるまで待つ、これがルーレットの主な流れになりライブカジノでも同じです。ベットの場所のことをレイアウトと呼ぶのですが、このレイアウトにチップを置く場所を決める、というよりも予測することがルーレットの基本です。回転台が停止すると球が入っている場所がわかるので、自分が予測した場所と一致しているか否かにより配当を受け取れることになるわけです。

ライブカジノは、本場のお店と同じ感覚で遊べるオンラインカジノ部屋

ベットの仕方や種類はどのようなサイトでも同じですしライブカジノの部屋によっても同じことがいえます。ただ異なるのは配当や最低ベット額などであり、これを事前に把握してから遊ぶことをおすすめします。なお、ルーレットのベットの種類は多岐にわたりますが、はじめてライブカジノで遊びたいときなどは赤もしくは黒のいずれかにベット、このような簡単な賭けの仕方を使えばゲームの流れやルーレットの攻略、ディーラーとの相性を把握した上でライブカジノをより楽しい場に変えてくれます。

こちらの記事もチェック⇒「ライブカジノでも王道的存在のバカラを楽しむには?

ランドカジノとオンラインカジノのいいとこどり?ライブカジノの魅力は

ライブカジノの魅力

ランドカジノの雰囲気が味わえる

従来のオンラインカジノではコンピューターを相手に勝負をし、ランドカジノにある緊張感やリアルさに欠ける部分がありました。

一方、ライブカジノではディーラーがリアルタイムの映像配信でカードを配り、ルーレットを回します。ディーラーの表情や仕草を目の前で見ることができるのは、とても魅力的です。ランドカジノの臨場感をオンラインカジノでも十分に味わうことができます。ライブカジノはコンピューターとの勝負では物足りないと感じていた人に、ランドカジノの魅力と雰囲気を存分に届けてくれます。

こちらの記事もチェック⇒「ランドカジノの雰囲気でリアルなカジノが楽しめる ゲーム別楽しみ方

チャットが楽しめる!

ライブカジノはチャット機能を使ってディーラーや他のプレイヤーと交流を持つことができます。
これまでのオンラインカジノはゲームをプレイするだけの単調なものでしたが、ライブカジノはランドカジノの魅力の一つである社交場の機能を取り入れています。ディーラーと勝負の駆け引きを行いながら、他のプレイヤーとの会話を楽しむことができるのは、とても魅力的です。
イカサマや確率操作など不正に対して安心感がある

イカサマや確率操作など不正に対して安心感がある

どこにいても好きなタイミングでプレイができるのがオンラインカジノの魅力ではありますが、一方で勝負の透明性に対して不安視する人も少なくありません。オンラインカジノでは不正に対して様々な取り組みがなされてきましたが、顔の見えないコンピューターが勝負の相手だと、負けた時の失望感や勝てない時の焦りからイカサマや不正を疑ってしまうことがあります。
しかし、ライブカジノならディーラーの行動や仕草をリアルタイムで確認し、勝負を挑むことができるので安心感につながります。ライブカジノの魅力であるリアルタイム性が、ランドカジノと変わらない勝負の透明性や勝敗への信頼性を確保しているのです。

ランドカジノでは使えない攻略法がある

カジノで勝ちたい、儲けたいと考えるのであれば攻略法を利用するのが最も有効な手段です。オンラインカジノでは様々な攻略法や必勝法を駆使してプレイできるのが魅力です。
しかし、実際のランドカジノでは服装や持ち物の制限、行動にルールが定められており、メモを取る行為やカメラ撮影は禁止事項に当たります。その点、ライブカジノでのゲームプレイは、こちらから相手の様子を知ることは出来ても相手はこちらの様子を知ることはできません。ランドカジノでは使えないゲーム状況の記録やカメラ撮影はライブカジノでは可能になります。ランドカジノではできない攻略方法が試せるのも、ライブカジノの魅力の一つです。

バンカーが勝ちやすくなるパターンを解説

バンカーが有利になるパターン

「6」以上のカードが多く残っている場合

オンラインカジノの中でも人気が高いライブカジノは、バカラやブラックジャックは特に攻略法や必勝法が多く存在するといわれています。その中でもバカラで使える必勝法である「カードカウンティング」は非常に有名で、配られたカード全てを記録し、これから配られるシューの中にあるカードを予測するといった戦略によってバカラでの勝率を高め、バンカーが有利なのか、プレイヤーが有利なのか判断できます。

バカラで使えるカードカウンティングは、配れたカードを記録し出ていないシューの中に眠るカードを予測する行為です。バカラはゲーム内で使用されたカードはシューに戻されず、破棄される仕組みなので既に出されたカードさえ記録すればこれから配られるカードを大まかに予測することが可能です。

そしてバカラでバンカーが有利となるパターンの一つが、シューの中に「6」以上のカードが多く残っている場合です。6以上のカードが多く残っていればいるほど、プレイヤーはカードの合計数が10を超えバンカーが有利になります。プレイヤーの2枚のカードの合計が5以下だった場合、3枚めのカードがプレイヤーに配られた場合は、10に近い数値が出やすくなるため、バンカーが有利です。

「6」以上のカードが多い場合:Banker (バンカー)が勝ちやすい理由

バンカーが有利になるパターンとして、「6」以上のカードが多い場合が挙げられます。プレイヤーが勝ちやすくなる条件としてシューの中に4以下のカードが多く残っている場合があり、シューの中に4のカードや4に近いカードが残っているほどプレイヤー側の有利となります。しかしバンカーが有利になる理由になるためには、シューの中に6以上のカードが多くなるほど、プレイヤーはカードの合計数が10を超えやすくなります。

通常のランドカジノのバカラはカウンティングや攻略法の使用が禁止されていますが、オンラインカジノのバカラであればライブカジノであってもメモやエクセルを利用してカウンティングを行っても問題はあります。オンラインカジノだからこそできる攻略法でもあるので、カウンティングをする際にはテーブルのデッキ数を確認し、シューの中に6以上のカードが多ければバンカーが有利となるので、バンカーに賭けるか決められます。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノでカウンティングを実践してみた

プレイヤーが勝ちやすくなるパターンを解説

プレイヤーが有利になるパターン

オンラインカジノでバカラをプレーする時、カードカウンティングというとても有名な必勝法があります。ランドカジノでは使用するのを禁止されているほど驚異的な必勝法になります。この必勝法を使ってバカラではプレイヤーが有利になるパターンなどを見極める事が可能です。

オンラインカジノやライブカジノでバカラでプレイする事を選択した時、プレイヤーが有利になる時とバンカーが有利になる時があります。バカラにおいて、場に出されたカードを全て記録する事が出来ればシューの中のカードを把握する事が出来、その都度プレイヤーが有利かバンカーが有利かを判断する事が出来ます。これがカードカウンティングの手法になります。

4以下のカードが多い場合

バカラにおいてプレイヤーが有利になる時は、4以下のカードがシューの中に多く残っている時です。ゲーム内で1度使われたカードはシューの中に戻されず、必ず破棄される仕組みとなっています。シューに残っているこれから使用されるカードをまとめておいて、4以下のカード、特に4のカードもしくは4に近い数字が残っていればいるほどプレイヤーが有利になります。

バカラは最初に2枚のカードが配られてゲームがスタートします。プレイヤーは2枚の合計が5以下の場合3枚目のカードが配られ事になります。バンカーは2枚の合計が7位上だった場合にスタンドとなり、3枚目は配られません。プレイヤーに配られた3枚目のカードの数によって3枚目のカードを引くか引かないかが決まります。

「4」以下のカードが多い場合 Player (プレイヤー)が勝ちやすい理由

4以下のカードが多く残っていた場合プレイヤーが有利に勝ちやくなる理由は、カードを合計する際に10の数字を超えにくくなるからです。つまり、プレイヤーに配られた2枚の合計が5以下で3枚目のカードが配られた場合でも10のカードを引く可能性は低く、安定して9の数値に近づけやすくなるということです。逆にバンカーは合計数が3?5であった場合でもスタンドするパターンがある為、比較的負けやすい状況になりプレイヤーが有利となるのです。

バカラはカジノゲームの中でも特に勝敗の偏りが激しいゲームです。プレイヤーが有利かバンカーが有利かカウンティングする事によって把握する事が出来るので、バカラで勝利の流れを掴む事を目指していきましょう!

こちらの記事もチェック⇒「バンカーが勝ちやすくなるパターンを解説

最初に配られた2枚の合計値が7以上、6以下の場合

バンカー側の条件とは

オンラインカジノのバカラ、カードゲームの中でも人気を集めていますが、バカラは自分が直接勝負に挑むものでなく、バンカーとプレイヤーの勝負を予測するものです。なお、バカラには条件と呼ぶルールがあり、バカラはプレイヤーおよびバンカーに対してそれぞれ2枚のカードが配布されます。配られたカードの合計が9に近い方が勝ちになる、そしてそれを予測するのがバカラです。シンプルなので、初心者にもおすすめできるものです。ただ、注意をしなければならないことは、条件が揃ったときには2枚ではなく3枚のカードが配布される、この3枚目をヒットと呼んでいます。

最初に配られた2枚のカードの合計が「7」以上の場合

合計による条件を持つバカラ、オンラインカジノのライブカジノで、3枚目が配られるのはプレイヤー側の合計数が5以下のときには3枚目が配られ、6枚以上では配られないなどのルールがあります。6もしくは7のときには、3枚目は配られませんのでその時点で勝負をすることになりますが、合計数が6もしくは7のときにはバンカーとの勝負となり、これをスタンドと呼びます。

合計の1桁目が6以下の場合

オンラインカジノのライブカジノはディーラーがいる部屋の総称、カジノの中で遊んでいるのと同じような感覚で楽しめる魅力があるわけですが、最初に配れたカード2枚の合計数が6以下のときの条件は、3枚目の配布がなくてバンカーと勝負するスタンドとなり、5以下では3枚目が配られるなどの条件を持ちます。ただ、この条件はバンカーに配布されたカードの合計ではなく、あくまでもプレイヤーが持っているカード2枚の条件です。

プレイヤとバンカーが「8」「9」の場合

オンラインカジノのライブカジノでバカラで遊んでみたい、バンカーの方に勝敗があると予測したとき、プレイヤーとバンカーのそれぞれ8もしくは9では2枚の合計で勝負が決まることになります。これはバカラの中でも最速に完結する条件でもあり、これをナチュラルと呼びます。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング

最初に配られた2枚のカード合計数が5以下、6・7の場合

外出自粛期間が続いてはいますが、オンラインカジノやライブカジノなど実際に現地に足を運ばずともギャンブルを楽しめる時代となっています。そのようなカジノで行われるゲームの1つ「バカラ」について説明します。もしバカラをプレイする機会があったら参考にしていただければ幸いです。

プレイヤー側の条件

バカラにおいて、プレーヤーが最初に配られた2枚のカードの合計数で、①5以下、②6・7、③8・9の3パターンについてそれぞれ説明します。バカラでプレイヤー側において3枚目が配られるか否かの条件はこの3パターンのみです。

プレイヤーが最初に配られた2枚のカードの合計数が「5」以下の条件

ディーラーから3枚目のカードが配られる条件です。プレイヤーは3枚のカードの合計値でバンカーと勝負します。この状態を「ヒット」と言います。

プレイヤーが最初に配られた2枚のカードの合計数が「6」「7」の条件

プレイヤーは最初に配られた2枚のカードのみでバンカーと勝負します。3枚目のカードが配られない条件です。この状態を「スタンド」と言います。

プレイヤーとバンカーが「8」「9」の条件

双方の最初に配られたカードの合計数が「8」か「9」の場合、その場で勝敗が決定します。3枚目のカードが配られない条件です。この状態を「ナチュラル」と言います。合計数が「8」と「9」に別れた場合「9」を持っている方の勝利です。同値だった場合引き分けとなります。「8」でナチュラルの場合を「ナチュラル8」、「9」でナチュラルの場合を「ナチュラル9」と呼ばれます。

つまり、バカラでプレイヤー側が3枚目をディーラーから配られる条件は、①の最初に配られた2枚のカードの合計数が5以下の条件「ヒット」状態のみとなっています。バカラは非常にシンプルなゲームなのです。故にバカラでは運が勝敗を左右します。それでは引き続きオンラインカジノやライブカジノでバカラをお楽しみください。

こちらの記事もチェック⇒「最初に配られた2枚の合計値が7以上、6以下の場合

3枚目が配られずに勝敗が決まる条件

プレイヤー・バンカーの両方に共通する条件

バカラで3枚目のカードが配られる条件とは

オンラインカジノのバカラでは、バンカーがプレイヤーにカードを配ることでゲームが進行します。しかし、配れる回数は常に一定ではなく、3枚目が配られる場合とそうでない場合があります。バカラのカードはバンカー主導で配られる仕組みになっていてプレイヤーの介入の余地がありませんが、その条件や状況を知っておくことはバカラで勝つために重要なことの1つです。ライブカジノでの展開を読むためにも大切な要素となっていて、3枚目が配れる展開になるかどうかを予想に入れておくことが欠かせません。

3枚目のカードが”配られない”条件合計値の1桁目が6or7

オンラインカジノのバカラで3枚目のカードが配られない条件は2つあり、そのうちの1つは合計値の1桁目が6or7になることです。バカラではバンカーから配られたカードの数字をどんどん足していき、最終的な1桁目の数字で競う仕組みになっています。その1桁目の数字が6か7になった場合には3枚目のカードが配られないので、ここでライブカジノのバカラは勝負となります。6か7になっていない場合でもナチュラルと呼ばれる状態になった場合には、3枚目のカードが配られることはありません。プレイヤーにベットする場合でも、バンカーにベットする場合でも早期の決着を想定した賭け方をする必要があります。

こちらの記事もチェック⇒「最初に配られた2枚のカード合計数が5以下、6・7の場合

3枚目のカードが”配られない”条件ナチュラル

オンラインカジノのバカラにはナチュラルと呼ばれる状況があります。これはプレイヤーとバンカーの双方に8か9か出ている状態を指します。このナチュラルという状態になれば、3枚目のカードが配られることはなく、その場で決着となります。ナチュラルの状態になるとプレイヤーとバンカーが引き分けになる可能性も高くなり、当たるか当たらないかが非常に際どい勝負となるので盛り上がります。ライブカジノにおいて最大の盛り上がりを見せる瞬間の1つともいえます。ナチュラルになると短期決戦になるので、そのことを読んだベットをすることが重要となります。バカラはバンカーの方がプレイヤーよりも若干有利となりますが、3枚目が配られないと読んだ場合はプレイヤーがそれほど不利にはならないことが予測でき、賭け方にも影響します。