バカラは一見単純で1/2の確率のゲームなのに奥は深い

バカラベットパターンと賭けるタイミングをご紹介します

バカラで最も使われる用語がいくつかあります

バカラではよく聞かれる専門用語があり、オンラインカジノのライブカジノでも通用することが可能です。バカラにはいろいろな用語がありますが、主なものを把握しておくとゲームを楽しむことができるでしょう。例えば横に走るというのはプレイヤー(P)とバンカー(B)が横方向に交互に続くことです。

落ちるはPかBが連勝して下へ続くことになり、ツラはPかBが連勝することです。横ヅラはPとBが横方向に交互に続くことで、オンラインカジノではバカラをやっていると他人と話すタイミングはないですが、これらのバカラ用語を知っておくとさらにゲームを楽しむことができます。

いろいろなベッドパターンがあり、例えばツラ追いの場合、バンカーかプレイヤーのどちらかが連続し勝ち続けている人に追うよう賭けることです。博打とケンカはツラを張れという諺もあり、ツラ張りはバカラにおいて有効的なベットパターンです。テレコの場合、バンカーやプレーヤーが交互に勝つことで、基本的にツラ追いとは同じ考え方になります。

テレコはゲームの終盤などに出現することが多いでしょう。ニコイチの場合、2勝1敗というベットパターンで続くことです。ニコイチの時大きく賭けるよりフラットベットによって、後半の流れの様子を見るベットパターンがおすすめです。ドラゴンの場合、バンカーかプレイヤーが6連続以上行うことになり、いろいろな用語を覚えておくとバカラをもっと満喫することができます。

ベットパターンとタイミングをご紹介します

バカラにはいろいろなベットパターンがあり、ランドカジノはもちろんオンラインカジノでも活用することが可能です。ライブカジノのバカラで活用すると、本場のようか臨場感を体験することができます。ツラ追いのベットタイミングとして、バンカーかプレイヤーが3連続勝った後、4回目にベットするのが基本です。一般的にバンカーが勝ちやすいと言いますが、1日数ゲームぐらいのゲーム数だとそれほど関係ありません。

バンカーが連勝するとバンカーヅラと言い、プレイヤーが連勝するとプレイヤーヅラと言います。テレコのベットタイミングとして、交互2回続いた後3回目にベットするのが基本です。ニコイチの場合、ベットタイミングはどちらかが2勝1敗というベットパターン2度繰り返した後3度目で入るベットパターンが碇石になります。ドラゴンの場合、どちらか3回続くまで待ち4回目からベットしていきます。

こちらの記事もチェック⇒「VIPバカラで「絞り(しぼり)」を楽しむ

VIPバカラで「絞り(しぼり)」を楽しむ

VIPバカラを試してみる

VIPバカラのミニマムベットとマキシマムベット

数多くのオンラインカジノ(ライブカジノ)では、バカラゲームにVIPテーブルを用意しています。このVIPバカラとは、最小ベットが100枚に設定されているのが特徴です。必然的に高配当のゲームとなるのでハイリスク・ハイリターンの手に汗を握るゲームを体感できます。VIPバカラでは特にミニマムベットとマキシマムベットの掛け方が一般的です。

ミニマムベットとはリスクを2つに分散しておき、プレイヤーが絞りを発動させれば5倍の配当を得られるというのが特徴です。もしも10巡目まで絞りを発動しなくても、没収されるベットは掛けた分のみでさほど負けは大きくなりません。マキシマムベットはミニマムとは違い、絞りを発動したら10倍の配当を得られますが発動しなければ5倍のベットを没収されます。

登録前に合わせて読みたい⇒「インターカジノの良い評判や悪い評判

VIPバカラと普通のバカラとの違い

オンラインカジノ(ライブカジノ)のVIPバカラと普通のバカラの違いは、設定されている配当率とルールが異なっている点です。普通のバカラの場合、親は勝負に勝ったとしても参加しているプレイヤーの人数分しかベットを得ることが出来ません。ところがVIPの場合は親が自由に配当率を決めることができ、絞りと呼ばれるマイナス域に達した掛け金の没収も可能です。

ルールに関しては普通のバカラなら、プレイヤーが横の絞りというカウンター攻撃を親におこなえますが、VIPにはそれがありません。プレイヤーに対して不利となるルールがVIPバカラでは設けられますが、その分勝利を収めた時の配当が非常に大きいのがポイントです。リアルカジノでもVIPバカラは存在しており、初心者ではなくベテランプレイヤーの間で人気があります。オンラインカジノ(ライブカジノ)では一定ランク以上のプレイヤーしか専用ルームに入場することができませんが、熟練者なら楽しむことができるゲームです。

こちらの記事もチェック⇒「無料でバカラを試して必勝法をマスターしよう

無料でバカラを試して必勝法をマスターしよう

無料でバカラを試せるオンラインカジノ

日本語サポートも完備のカジノジャンボリー

オンラインカジノの中でも人気の高いライブカジノですが、まずは無料でバカラをプレイしてみたいという方には「カジノジャンボリー」がおすすめです。カジノジャンボリーは出金時間が業界最速クラスである特徴があり、バカラなら1/2で勝利できるので手持ちのお金を増やして即引き出せるとして人気が高くなっています。お試しプレイは誰でも無料なので、まずはお試しでプレイしてみたいという方に向いています。24時間いつでも親切丁寧な日本語のチャットサポートが受けられるので、初めてプレイするという方に無料プレイは特におすすめです。

信頼性が高くキャッシュバックが魅力のワイルドジャングルカジノ

ワイルドジャングルカジノはオンラインカジノ業界で10年以上運営を続けており、信頼性が高いカジノとして人気が高まっています。日本国内のプレイヤーも多く、高額当選者も多く排出しており雑誌やメディアでも頻繁に取引される実績を持ちます。ライブカジノではバカラなど人気のゲームもプレイが可能で、24時間体制の日本語サポートやビッグボーナスやコンプポイント制度などの特徴を持っており、各プレイヤーには定期的に100%キャッシュバックなど目玉のプロもメールが届きます。初めてプレイする人に向けては無料でお試しプレイも可能であり、無料なら初心者でも安心です。

日本人向けの運営を行っているジパングカジノ

オンラインカジノの中でも特に多くのプレイヤーから支持されているのが、画面向こうのディーラーと対戦が行えるライブカジノです。特にバカラは初心者でもプレイしやすい分かりやすいルールであることが特徴です。しかしバカラのプレイ経験がない方は、いきなりライブカジノでバカラをプレイしても焦って失敗してしまう場合も多いようです。そこでジパングカジノは15年以上日本人向けにオンラインカジノを運営している信頼性の高い老舗カジノなので、新規登録者に向けて無料で40ドルの入金不要ボーナスが贈られる仕組みとなっています。そのため無料でとりあえずバカラに触ってみたいという方にもおすすめです。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング

10%法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

10%法のメリット・デメリット

10%法を使う時に気を付けるポイントはここ

オンラインカジノの手法10%法をつかう前に、注意点をおさえておきましょう。10%法は、短い時間で、たくさん稼ぐ手法ではないです。ライブカジノでみかけるバカラ一回の賭けで大金、ビッグボーナスゲットといった展開はないです。

したがって、負けが続くと、取り返しが難しくなってしまいます。10%法自体、大きな損失が発生しないため、プレイヤーの精神的なダメージはすくないです。こちらはメリットですが、オンラインカジノで遊んで、その日のトータルの負けが確定している場合、撤退してください。

ライブカジノは毎日やってますので、勝てるときに、資金を回したほうが賢い選択です。ジリジリ負けていると、熱くなりがちで無茶な賭け方して散財しがちなデメリットもあります。10%法のデメリットを理解した上で、オンラインカジノを楽しみましょう。

10%法の優れている点について理解して立ち回ろう

10%法のメリットは、機械的に投資ができることです。デメリットはありますが、この一定のパターンで決められた方法を行う、つまり一貫性はギャンブル、オンラインカジノで勝つための重要なファクターとなります。

10%法のメリットは、カジノゲームのパターンが偏ったときです。バカラは偏りが出やすいカジノゲームといわれており、そのとおりで、カードの偏りが発生すると、途端に勝ちやすくなります。

勝ちやすい展開で10%法による安定手法を行うと、どうなるかごぞんじですか。鬼に金棒状態でメリットがデメリットを打ち消します。バカラならプレイヤーかバンカーの一方が勝ち続けているテーブルに注目してください。両者どちらかが勝つトレンド、流れが発生していたら、そちらに10%法で乗ってください。これだけで手法の最大限のメリットを享受できます。

手法のデメリットを打ち消す偏りをつかい、メリットが強い状態で有利に勝負していきましょう。これだけでオンラインカジノをラクに攻略可能です。

オンラインカジノでは、どうしても勝ち額ばかりに目をむけてしまいますが、勝つ仕組み、勝つための環境、手法のメリットとデメリットにも必ず注目してください。

じぶんの10%法が通用するのかデメリットになるのか、メリットになる環境かどうかよく場をみていきましょう。これだけでもオンラインカジノの攻略になりえますので、よろしければ参考になさってください。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング

バーネット法の特徴と使い方を解説

バーネット法の特徴

ギャンブルには多くの必勝法がありますが、バーネット法もその1つです。主に勝った時に使う作戦ですが、仮に失敗したとしても損耗率がそこまで大きくはなりませんので比較的に穏当に使う事が出来るのが特徴であり、オンラインカジノでも当然使えます。そんなバーネット法を確実に物にする為に使い方の特徴のポイントを2点程確認する事とします。

バーネット法の特徴

バーネット法は、勝った場合に最初は1倍で次に3倍、続いて2倍と6倍という形で順に賭け金を上げていく方法です。1ドルを基準点とするなら、2回目は3ドルにして3回目は2ドルにし4回目は6ドルで5回目は1ドルに戻す賭け方と思って下さい。途中で敗退した場合は最初の1ドルに戻してリトライします。主にテーブルゲームで投入される事が多い方法で、バカラ等の勝率が50%で半々になる様な勝負に有効な作戦です。

オンラインカジノやライブカジノでも当然有効ですが、獲得変動率が大きく動く特徴があるスロットやビデオポーカー等には向かないという欠点もあります。ちなみに、基本的に2連勝した後で意味を持って来る作戦なので、勝ち負けが交互にやって来ている様な時には効果を発揮しないという特徴がある事も押えておきたいポイントです。その意味では、使い所を慎重に選んで投入すべきという事も必ず把握しておいて下さい。

バーネット法の使い方について

ルーレットやポーカー、バカラにシックスボー等勝率50%の状況になるゲームで使うべき方法という特徴の把握が重要です。その意味ではゲームの流れを読みたい様な時に使うと色々とメリットが見込める特徴があるとも言えます。実際の使い方ですが、バーネット法を試す場合には、オンラインカジノやライブカジノの老舗所を選ぶ様にすれば、お金を賭けたゲームを楽しむ事も出来ます。

オンラインカジノの中には会員登録ボーナスという事で、入金額と同額のプレイ額で遊べる様な設定をしている所やバーネット法が楽しめるゲームの無料体験版があるサイトも少なからずありますし、上手く選んで登録する様にすれば実際の入金額以上に楽しむ事も可能です。ルーレットの場合は「赤か黒」、「奇数か偶数か」や「ハイ&ロー」で選びますし、バカラの時はプレイヤーかバンカー側かという事で覚えておけば問題ありません。

こちらの記事もチェック⇒「バーネット法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

バカラはテーブル選びが命。勝率を上げるテーブル選びを解説

バカラで勝率を上げるテーブル選びとは?

バカラで勝率を上げるテーブル選びとは?

オンラインカジノの定番ゲームであるバカラは、勝率を上げるためにはテーブル選びが重要になります。このテーブル選びとは各オンラインゲームまたはライブゲームのプレイルームの事を指し、各プレイヤーと親となるディーラーの名前を見ることも出来ます。特にディーラーのプロフィールに注目をして、過去の成績に注視しましょう。勝率を上げるテーブル選びとは、自身の勝率よりも低いディーラーとプレイヤーがエントリーしているテーブルに着席することです。

エントリーしやすいテーブルの探し方

オンラインカジノやライブカジノのバカラは、プレイヤーが自身でテーブル選びを行ってエントリーをしなくてはいけません。テーブル選びはさほど難しいものではなく、空いているテーブルであればどこでもエントリー出来ます。しかしバカラでは勝つという目的があるので、勝率を上げられるテーブル選びをするのが望ましいと言えるでしょう。そのためエントリーする際は、まず最初にテーブルに着席しているほかのプレイヤーのプロフィールを確認するようにしましょう。バカラの勝率の場合、約80%を記録しているとかなりの腕前を持っているプレイヤーであるといえます。

自身の勝率が70%以下であれば、80%以上のテーブルにエントリーをすると大幅に勝率が下がるので、避けるのが望ましいです。自身でエントリーができない場合は、適正シャッフルエントリーを利用するのも一つの手です。この場合、バカラのプレイルーム内にいる自身の適正レベルに見合ったプレイヤーを自動で選んでくれるので、簡単に同レベルの方々と勝負をすることが可能です。バカラで得られる配当は2倍払い出しのみまでとなりますが、勝負を挑みやすい環境で明遊ぶことができます。ライブカジノの場合は無理な勝負を挑むよりも、勝率をアップさせることに重きを置くのが良いです。

こちらの記事もチェック⇒「バカラは一見単純で1/2の確率のゲームなのに奥は深い

10%法の特徴と使い方を解説

10%法の特徴と10%法についての解説

10%法の特徴をごぞんじでしょうか

10%法とは、オンラインカジノの賭け方の一つです。特徴は、資金が減りにくいことといえます。勝率が上がると、比例してコツコツと資金がふえていきます。

オンラインカジノで有名なのは、マーチンゲール法です。マーチンゲールは負けたら、賭け額を倍にして、勝った時に一気に資金を増やす方法で、収支の波が荒い傾向です。特徴は資金に余裕が必要なことで、お金が足りないまま行うとパンクしやすいです。

10%法が、マーチンゲ-ル法より優れている点は、賭け額が一定で、減る額と増える額の波が穏やかなことです。10%法ならオンラインカジノで熱くなることなく、精神的にも安心して、勝負できます。

バーレー法は、勝ったときに倍賭けする方法です。こちらもマーチンゲールと同じく、収益の波が荒くなりやすいです。ライブカジノで安定した収支を目指すなら、10%法が無難で賢い方法です。10%法は、勝率2分の1のゲームで有効です。ライブカジノで人気のバカラ、ルーレット、ブラックジャックなどで有効に機能すると覚えておきましょう。

10%法の使い方について理解を深めてオンラインカジノをもっと楽しみましょう

10%法を活かすライブカジノのゲームは、50%の確率でベットできるゲームです。ルーレットはわかりやすいです。資金の10%を赤か黒にベットし、勝てば10%分の賭け額が2倍になります。ふたたび増えた資金の10%を前回と同じ色にベットします。繰り返しおこない勝率の高さ分、利益が増えていくシステムです。特徴はさきほどご説明した通り、緩やかな収支曲線を描くことです。これからオンラインカジノをはじめる人に向いている方法といえます。バカラについても勝率50%となるような賭け方をおこないます。勝率が上がれば比例してゆるやかに勝ち続けお金が増えていく仕組みです。

いかがでしたでしょうか。10%法の特徴と使い方についてです。バーレー法やマーチンゲールの特徴もふまえて10%法の特徴をみると、親しみやすいオンラインカジノの遊び方ではないでしょうか。最初は一気に増やすことを考えず、10%法をつかって、ライブカジノのルールに少しずつ慣れてから他の方法を行えば、より楽しくオンラインカジノに取り組めるはずです。

こちらの記事もチェック⇒「10%法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

バーネット法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

バーネット法のメリット・デメリットとは

バーネット法を使う時に気を付けるポイント

オンラインカジノのライブカジノの必勝法ともいえるバーネット法は、テーブルゲームの一つでもあるバカラにも有効といわれています。バカラ以外にもバーネット法はギャンブルで活用できる攻略法で、勝ったときに利用するやり方、1倍・3倍・2倍・6倍といった具合に順番に賭ける手法です。

事例で説明すると、1回目に1ドルを賭けて勝利したとき、2回目は3ドルで勝負する、2回目も勝利したときには3回目は2ドルを賭ける、3回目も勝った場合は4回目は6ドルを賭けてバカラをやるやり方です。4回目も勝ったときは次の勝負では最初の1ドルに戻す、途中で負けたときには1ドルに戻すなどの注意点があります。バーネット法のメリット・デメリットは、極端に利益が動くものではなく損益が穏やかになりますのでコツコツと稼ぎたい人はメリットに感じる、逆に大きく儲けたい人にとってはデメリットに感じるかもしれないなどのメリット・デメリットがあります。

バーネット法の優れている点

メリット・デメリットをしっかり抑えておかないとバーネット法はデメリットばかり、このように感じてしまう人は多いといえます。バーネット法のメリット・デメリットは、この攻略法が2連勝してから利益を確保するやり方になるため、勝ち負けが交互に起きると本来の効果を発揮できません。このようなメリット・デメリットがあることを把握した上でバーネット法を使わないと、オンラインカジノのライブカジノでのバカラで遊んでいてもあまり利益がでない、他のやり方はないだろうか、このような結果になることもあるわけです。

メリット・デメリットは反するものですから、それぞれの意味をしっかり抑えることが大切です。バーネット法のメリット・デメリットをまとめてみると、穏やかな賭け方でありゲームの流れを見るときに有効になるメリットがある、勝ち負けが交互になったときにはバーネット法の効果は発揮できないデメリットがある、この2つを抑えて効果的に使うようにしましょう。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング

グッドマン法の特徴と使い方を解説

グッドマン法の特徴

今回は、オンラインカジノやライブカジノの勝率向上に役立つグッドマン法の特徴や使い方を解説します。

グッドマン法の特徴

オンラインカジノやライブカジノで勝負する際には、さまざまな攻略法が存在します。グッドマン法(1235法)はバカラやルーレットをはじめとするカジノにおける攻略法の1つで、各ゲームに共通して使える「賭け方」の攻略法です。連勝した時に効果を発揮し、連敗しても賭け額が増えないことが大きな特徴です。

グッドマン法の特徴のメリットとしては、初めの賭け額が少なくても実践できる、負けたときのリスクが少ない、などがあります。逆にデメリットとしては、連勝しないと残高が増えない、手元のお金を増やすのに時間がかかる、などが挙げられます。つまり、グッドマン法は「ディフェンス型」のカジノ攻略法で、勝利した時や連勝している時の利益を手元に少しずつ残しながら攻めていく、という方法です。

グッドマン法は連勝が続けば続くほど返ってくるお金が増える特徴があるため、オンラインカジノやライブカジノでも遊べるバカラやルーレットなどの2倍配当のゲームで特に効果を発揮します。

グッドマン法の使い方について

グッドマン法の使い方は簡単です。初回に賭ける額を1とした時、連勝している時に賭ける額を1倍、2倍、3倍、5倍と増やしていきます。4連勝した後はずっと5倍の額を賭けます。また、途中で一度でも負けた場合は、賭ける額をリセットします。その賭け額の増やし方の特徴から別名1235法と呼ばれています。

具体的な使い方を次で紹介していきます。最初に1ドルを賭けて勝負し、勝ったら2倍の2ドルを賭けて勝負する。さらに勝ったら3ドル、5ドルと賭け額を増やして勝負し、その後はずっと5ドルをかけ続けていく、という方法です。ただし注意することとして、グッドマン法には明確な引き際のラインがないため、ゲーム開始前に自分の中でゲームを辞める引き際を設定しておく必要があります。
グッドマン法の本質は「勝ったときの配当金を少しずつ手元に残す賭け方」です。

「1→2→3→5→…」と賭けていくと、勝ったときの配当金は「2→4→6→10→…」と増えていきます。なので、3連勝目からは、手元にいくらか資金が残りつつ勝負することになるので、3倍の次は4倍ではなく5倍を掛けて手元のお金を増やしていくという特徴の賭け方になります。

こちらの記事もチェック⇒「グッドマン法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

イーストコーストプログレッションの特徴と使い方を解説

イーストコーストプログレッションの特徴

イーストコーストプログレッションの特徴

イーストコーストプログレッションは、オンラインカジノで使える攻略法のひとつで、パーレー法の欠点を補ったものになります。パーレー法は、連勝するたびに賭け金を倍にしていくため、連勝するほど大きな利益を上げられるという特徴がありますが、一度でも負けてしまうとそれまでの利益をすべて失ってしまうという欠点があります。そのため、パーレー法は使いこなすのが難しい攻略法でもあるのですが、一度でも負けるとそれまでの利益を失うという欠点を改良したのがイーストコーストプログレッションです。

イーストコーストプログレッションは、連勝することで利益を増やしていくという点ではパーレー法と同じですが、負けたとしても一定の利益を残すことができるという特徴があります。パーレー法ほどの爆発力はないものの、負けた時のリスク管理ができるという特徴があるため、パーレー法よりも使いやすい攻略法と言えるでしょう。また、バカラやブラックジャック、ルーレットなど勝率50%の賭け方ができるゲームに適した攻略法で、もちろんライブカジノでも利用可能です。

イーストコーストプログレッションの使い方について

イーストコーストプログレッションは、上記のような特徴があるオンラインカジノ攻略法ですが、具体的な使い方としては、まず基本のベット額を決めておきます。基本ベット額を1ドルとした場合、まずは2連勝するまでは1ドルを賭け続け、2連勝した次のゲームではそれまでの利益を基本ベット額に上乗せした金額をベットします。2連勝した時点での利益は2ドルとなっているため、3ゲーム目のベット額は、基本ベット額である1ドルに2ドルを上乗せした3ドルになります。もしも3ゲーム目に負けてしまうと収支はマイナスとなってしまいますが、イーストコーストプログレッションの真価が発揮されるのは3連勝した後の4ゲームからです。

イーストコーストプログレッションでは、3連勝した後の4ゲーム目からは直前のベット額の1.5倍の金額を賭けていきます。つまり、4ゲーム目では小数点以下を切り上げた場合、5ドルがベット額となりますが、このような賭け方をすることで4ゲーム目以降はいつ負けても収支はプラスになります。また、連勝が続くほど手元に残る利益は増えていくという特徴がありますが、負けた時点でイーストコーストプログレッションは完了し、次のゲームからは再び基本ベット額に戻すという流れとなります。

このように、イーストコーストプログレッションは、連勝するほど利益が増えていきますが、3連勝後であれば負けたとしても収支がプラスになるという特徴がある攻略法です。そのため、リスクを減らしつつ大きな利益を上げたいという方は、ライブカジノのバカラなどでイーストコーストプログレッションを試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もチェック⇒「イーストコーストプログレッションのメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう