3枚目が配られずに勝敗が決まる条件

プレイヤー・バンカーの両方に共通する条件

バカラで3枚目のカードが配られる条件とは

オンラインカジノのバカラでは、バンカーがプレイヤーにカードを配ることでゲームが進行します。しかし、配れる回数は常に一定ではなく、3枚目が配られる場合とそうでない場合があります。バカラのカードはバンカー主導で配られる仕組みになっていてプレイヤーの介入の余地がありませんが、その条件や状況を知っておくことはバカラで勝つために重要なことの1つです。ライブカジノでの展開を読むためにも大切な要素となっていて、3枚目が配れる展開になるかどうかを予想に入れておくことが欠かせません。

3枚目のカードが”配られない”条件合計値の1桁目が6or7

オンラインカジノのバカラで3枚目のカードが配られない条件は2つあり、そのうちの1つは合計値の1桁目が6or7になることです。バカラではバンカーから配られたカードの数字をどんどん足していき、最終的な1桁目の数字で競う仕組みになっています。その1桁目の数字が6か7になった場合には3枚目のカードが配られないので、ここでライブカジノのバカラは勝負となります。6か7になっていない場合でもナチュラルと呼ばれる状態になった場合には、3枚目のカードが配られることはありません。プレイヤーにベットする場合でも、バンカーにベットする場合でも早期の決着を想定した賭け方をする必要があります。

こちらの記事もチェック⇒「最初に配られた2枚のカード合計数が5以下、6・7の場合

3枚目のカードが”配られない”条件ナチュラル

オンラインカジノのバカラにはナチュラルと呼ばれる状況があります。これはプレイヤーとバンカーの双方に8か9か出ている状態を指します。このナチュラルという状態になれば、3枚目のカードが配られることはなく、その場で決着となります。ナチュラルの状態になるとプレイヤーとバンカーが引き分けになる可能性も高くなり、当たるか当たらないかが非常に際どい勝負となるので盛り上がります。ライブカジノにおいて最大の盛り上がりを見せる瞬間の1つともいえます。ナチュラルになると短期決戦になるので、そのことを読んだベットをすることが重要となります。バカラはバンカーの方がプレイヤーよりも若干有利となりますが、3枚目が配られないと読んだ場合はプレイヤーがそれほど不利にはならないことが予測でき、賭け方にも影響します。

最初に配られた2枚のカード合計数が5以下、6・7の場合

外出自粛期間が続いてはいますが、オンラインカジノやライブカジノなど実際に現地に足を運ばずともギャンブルを楽しめる時代となっています。そのようなカジノで行われるゲームの1つ「バカラ」について説明します。もしバカラをプレイする機会があったら参考にしていただければ幸いです。

プレイヤー側の条件

バカラにおいて、プレーヤーが最初に配られた2枚のカードの合計数で、①5以下、②6・7、③8・9の3パターンについてそれぞれ説明します。バカラでプレイヤー側において3枚目が配られるか否かの条件はこの3パターンのみです。

プレイヤーが最初に配られた2枚のカードの合計数が「5」以下の条件

ディーラーから3枚目のカードが配られる条件です。プレイヤーは3枚のカードの合計値でバンカーと勝負します。この状態を「ヒット」と言います。

プレイヤーが最初に配られた2枚のカードの合計数が「6」「7」の条件

プレイヤーは最初に配られた2枚のカードのみでバンカーと勝負します。3枚目のカードが配られない条件です。この状態を「スタンド」と言います。

プレイヤーとバンカーが「8」「9」の条件

双方の最初に配られたカードの合計数が「8」か「9」の場合、その場で勝敗が決定します。3枚目のカードが配られない条件です。この状態を「ナチュラル」と言います。合計数が「8」と「9」に別れた場合「9」を持っている方の勝利です。同値だった場合引き分けとなります。「8」でナチュラルの場合を「ナチュラル8」、「9」でナチュラルの場合を「ナチュラル9」と呼ばれます。

つまり、バカラでプレイヤー側が3枚目をディーラーから配られる条件は、①の最初に配られた2枚のカードの合計数が5以下の条件「ヒット」状態のみとなっています。バカラは非常にシンプルなゲームなのです。故にバカラでは運が勝敗を左右します。それでは引き続きオンラインカジノやライブカジノでバカラをお楽しみください。

こちらの記事もチェック⇒「最初に配られた2枚の合計値が7以上、6以下の場合

最初に配られた2枚の合計値が7以上、6以下の場合

バンカー側の条件とは

オンラインカジノのバカラ、カードゲームの中でも人気を集めていますが、バカラは自分が直接勝負に挑むものでなく、バンカーとプレイヤーの勝負を予測するものです。なお、バカラには条件と呼ぶルールがあり、バカラはプレイヤーおよびバンカーに対してそれぞれ2枚のカードが配布されます。配られたカードの合計が9に近い方が勝ちになる、そしてそれを予測するのがバカラです。シンプルなので、初心者にもおすすめできるものです。ただ、注意をしなければならないことは、条件が揃ったときには2枚ではなく3枚のカードが配布される、この3枚目をヒットと呼んでいます。

最初に配られた2枚のカードの合計が「7」以上の場合

合計による条件を持つバカラ、オンラインカジノのライブカジノで、3枚目が配られるのはプレイヤー側の合計数が5以下のときには3枚目が配られ、6枚以上では配られないなどのルールがあります。6もしくは7のときには、3枚目は配られませんのでその時点で勝負をすることになりますが、合計数が6もしくは7のときにはバンカーとの勝負となり、これをスタンドと呼びます。

合計の1桁目が6以下の場合

オンラインカジノのライブカジノはディーラーがいる部屋の総称、カジノの中で遊んでいるのと同じような感覚で楽しめる魅力があるわけですが、最初に配れたカード2枚の合計数が6以下のときの条件は、3枚目の配布がなくてバンカーと勝負するスタンドとなり、5以下では3枚目が配られるなどの条件を持ちます。ただ、この条件はバンカーに配布されたカードの合計ではなく、あくまでもプレイヤーが持っているカード2枚の条件です。

プレイヤとバンカーが「8」「9」の場合

オンラインカジノのライブカジノでバカラで遊んでみたい、バンカーの方に勝敗があると予測したとき、プレイヤーとバンカーのそれぞれ8もしくは9では2枚の合計で勝負が決まることになります。これはバカラの中でも最速に完結する条件でもあり、これをナチュラルと呼びます。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング