バカラの数え方は他のゲームとは異なる

バカラのカードの数え方

カードの各数字のカウントA~9まで

バカラは配られたカードの数字を合計してその下一桁で勝負するルールになっていますが、必ずしも額面通りに足すわけではないのが特徴です。オンラインカジノの定番ゲームであるバカラではAから9までの数字はそのまま足します。Aは1と見なされます。この点は非常に分かりやすいといえるでしょう。ライブカジノのバカラであってもライブカジノ以外であっても違いはありません。Aから9までの数え方は非常に簡単であり、初心者も分かりやすい数え方になっています。

カードの各数字のカウント10~Kまで

オンラインカジノのライブカジノのバカラのカードのスコアを数える際に注意しなければいけないのが10からKまでであり、これらの数字はいずれも足さないルールになっています。つまり、10からKまでのカードが出たとしても数え方には何ら影響を与えることはありません。つまり、ゲーム開始から3回目までに10からKのカードしか出なかった場合、最終的なスコアが0となり、必ず勝てない状態となります。非常にまれなケースではありますが、ベットの際には少し意識しておく必要があります。バカラの数字の数え方は単純な足し算ではないということです。

カードの各数字のカウント2枚、または3枚による合計

オンラインカジノのバカラではカードが2回、または3回配られます。3回配られるかどうかはバンカーの裁量ではなく、それまでの数字に合わせて決められる仕組みになっています。Aから9までの数字を合計して下1桁だけで競うのが特徴であり、直前まで良い手であってもそこから新しいカードが配られた瞬間に、一気に弱い手になってしまうことも考えられます。

例えば1枚目に6が出て、二枚目に2が出た場合、その時点での数字は8となり、それなりに強い手ということが出来ます。しかし、その後に3が出てしまうと最終的なスコアは1となり、ほとんど勝つことが出来なくなります。あくまで数え方を踏まえて最終的なスコアがどうなるかを予想し、ベットを行うことが重要といえるでしょう。バカラは様々なオンラインカジノで実施されていますが、その数え方も基本的には共通しています。ただし、ローカルルールを採用しているケースもあるので、数え方を細かく確認することが大切です。
ミスティーノではお得なボーナスも多く初心者にもオススメです。

こちらの記事もチェック⇒「基本的な賭け方や大穴狙いもできる賭け方も