3枚目が配られずに勝敗が決まる条件

プレイヤー・バンカーの両方に共通する条件

バカラで3枚目のカードが配られる条件とは

オンラインカジノのバカラでは、バンカーがプレイヤーにカードを配ることでゲームが進行します。しかし、配れる回数は常に一定ではなく、3枚目が配られる場合とそうでない場合があります。バカラのカードはバンカー主導で配られる仕組みになっていてプレイヤーの介入の余地がありませんが、その条件や状況を知っておくことはバカラで勝つために重要なことの1つです。ライブカジノでの展開を読むためにも大切な要素となっていて、3枚目が配れる展開になるかどうかを予想に入れておくことが欠かせません。

3枚目のカードが”配られない”条件合計値の1桁目が6or7

オンラインカジノのバカラで3枚目のカードが配られない条件は2つあり、そのうちの1つは合計値の1桁目が6or7になることです。バカラではバンカーから配られたカードの数字をどんどん足していき、最終的な1桁目の数字で競う仕組みになっています。その1桁目の数字が6か7になった場合には3枚目のカードが配られないので、ここでライブカジノのバカラは勝負となります。6か7になっていない場合でもナチュラルと呼ばれる状態になった場合には、3枚目のカードが配られることはありません。プレイヤーにベットする場合でも、バンカーにベットする場合でも早期の決着を想定した賭け方をする必要があります。

こちらの記事もチェック⇒「最初に配られた2枚のカード合計数が5以下、6・7の場合

3枚目のカードが”配られない”条件ナチュラル

オンラインカジノのバカラにはナチュラルと呼ばれる状況があります。これはプレイヤーとバンカーの双方に8か9か出ている状態を指します。このナチュラルという状態になれば、3枚目のカードが配られることはなく、その場で決着となります。ナチュラルの状態になるとプレイヤーとバンカーが引き分けになる可能性も高くなり、当たるか当たらないかが非常に際どい勝負となるので盛り上がります。ライブカジノにおいて最大の盛り上がりを見せる瞬間の1つともいえます。ナチュラルになると短期決戦になるので、そのことを読んだベットをすることが重要となります。バカラはバンカーの方がプレイヤーよりも若干有利となりますが、3枚目が配られないと読んだ場合はプレイヤーがそれほど不利にはならないことが予測でき、賭け方にも影響します。