パーレー法を使用する上でのメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

パーレー法のメリット・デメリット

パーレー法はオンラインカジノやライブカジノなどでゲームをする時に、有効な必勝法です。そんなパーレー法ですが、使用する時はメリットとデメリットがある事を覚えておかなければなりません。メリットは何と言っても大きな利益を得る事が出来る事です。逆に、デメリットはギャンブルに絶対はないので負ける事があるという事です。このメリットとデメリットは両方ともしっかりと理解してパーレー法を使用していく事が非常に重要です。

パーレー法を使う時に気を付けるポイント

パーレー法を使う時に気をつけるポイントとして、1回の負けでそれまでの利益が全てなくなってしまい、マイナス収支になってしまうといのがパーレー法のデメリットになります。オンラインカジノやライブカジノはギャンブルです。ギャンブルで100%勝つ事は不可能です。いつか必ずデメリットである負ける時がくるので、パーレー法という攻略法を、ストップするタイミングを見極める事が重要になってきます。

メリットである連勝が続き大きな利益が出てる時は、もう1回と考えがちになります。デメリットである負けて利益を失うという結果になる前に、最初に決めた連勝回数を守るという強い意志を持つ事が大事です。パーレー法を使ってプレイする時に1番注意しなければならないと言っていいです。そうする事によってメリットである高い利益を得る事が可能になってきます。

パーレー法の優れている点

パーレー法の優れている点としては、短時間で投資額を抑えつつ大きな利益を得る事が出来る点につきます。連勝すればするほど大きな利益になっていくのは、パーレー法の1番のメリットです。オンラインカジノやライブカジノでパーレー法を使用する為には、勝率約50%で2倍配当のゲームを選びましょう。例えば、ルーレット、ブラックジャック、バカラなどがこれにあたります。

数ある攻略法の中でもかなりシンプルな攻略法です。1回の負けでそれまでの利益を失ってしまうというデメリットはありますが、元金の減るスピードは比較的に穏やかになります。メリットである高い利益を得る為に、攻略法をリセットするタイミングが1番重要なポイントになってきます。パーレー法のメリットとデメリットをしっかりと理解して、例えば、3連勝や4連勝したら一旦リセットする、などと最初に決めておく事が大事です。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング

パーレー法の特徴と使い方を解説

パーレー法の特徴

オンラインカジノには様々な攻略法がありそれぞれに特徴があるので、特徴をしっかりと知ることで資金を減らさずにゲームを楽しむことができます。

パーレー法の特徴

オンラインカジノやライブカジノの攻略法のひとつにパーレー法があります。パーレー法は勝負に勝った際に使える手法で、前回賭けた金額の2倍賭けることが特徴です。逆マーチンゲール法とも言われる手法で、マーチンゲール法は負けた際に前回賭けた金額の2倍賭けるという手法なのでパーレー法はマーチゲール法の逆の手法になります。

ライブカジノやオンラインカジノで使用できるゲームは、勝率50%のゲームに有効という特徴があるため、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどに使うと良いでしょう。

パーレー法の使い方について

パーレー法をオンラインカジノやライブカジノで使用する場合の注意点は、1回でも負けると今まで積み上げてきた勝ち金を失ったり、最初に賭けた資金と勝った資金の全てを失うため持っている金額との賭ける金額のバランスです。

少ない資金でも大きく勝つことができたり、資金が増えるのが速いことが特徴的なので、パーレー法を使う時は、資金に余裕がある時に利用するというよりは、資金が少なく一発逆転を狙う時や瞬間的に資金を増やしたい時に向いている手法と言えます。

前回賭けた金額の2倍賭けるという特徴があるパーレー法をオンラインカジノやライブカジノでの使い方は、まずは勝率が50%になるゲームを選びます。勝率50%で勝てるテーブルゲームにはルーレットやバカラ、ブラックジャックがあります。ゲームを選ぶと最初のベットを行います。最初に1ドルベットをすると勝ったらベット額が2倍になるため、2回目のベットは2ドルをベットでき、勝つと3回目は4ドル、4回目は8ドルと増えるのが特徴的です。

ゲームは勝つと前回賭けた金額の2倍賭けて、負けると最初に賭けたベット額に戻します。パーレー法の特徴である勝つと倍の金額で賭け続けるため、大きく勝つことが期待できる手法ですが、1回でも負けると今まで増やしてきた資金が0になるという特徴もあるので、連勝している時にしっかりと見極めることが出来ればパーレー法を使って資金上手に増やすことが可能になります。

こちらの記事もチェック⇒「パーレー法を使用する上でのメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう