コイントス法の特徴と使い方を解説

コイントス法の特徴

コイントス法の特徴

コイントス法はオンラインカジノやライブカジノなどで使える、カジノ必勝法のひとつです。コイントス法ではコインを使用して、コインの表か裏かで賭けを決定することが特徴となっています。利用できるのは的中確率2分の1、払い戻し率2倍のカジノゲームであることが特徴です。

例えばバカラでは「バンカー」か「プレイヤー」のいずれかの側にチップを賭けますが、この時にあらかじめ「コインの表が出たらバンカー」「コインの裏が出たらプレイヤー」などと決めておき、実際にコインを投げて出た目でチップを賭ける側を決定することが特徴となっています。その他にはルーレットの「赤」か「黒」かを選ぶ賭け方などに利用できることも、コイントス法の特徴だといえるでしょう。

コイントス法の使い方について

コイントス法は厳密にいうとカジノ必勝法ではなく、カジノで負けにくくするための方法になります。人間は誰しも「自分だけは勝つことができる」という、根拠のない思い込みを持つことが特徴となっています。そのため負けが込んでくると熱くなって冷静な判断ができなくなり、そのまま全てのチップを失ってしまうことが多いのです。コイントス法はコインの表か裏かに従って、機械的にチップを賭けていくことが特徴であるため、賭けを何度か繰り返すことで勝率は限りなく2分の1に近づくことになります。

コイントス法で大勝ちすることは難しいのですが、一方で大負けのリスクを回避できるため、結果的にカジノゲームを長く楽しめるのです。コイントス法を必勝法にしたい場合には、マーチンゲール法などの別の必勝法との組み合わせを検討しましょう。マーチンゲール法は前回の掛けに負けた場合に掛け金を2倍に増やすことで、最終的に最初に賭けた分の儲けを回収できる必勝法です。この時にコイントス法を併用すれば、マーチンゲール法による賭けをより確実に行うことができます。

こちらの記事もチェック⇒「コイントス法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

コイントス法のメリット・デメリットを理解した上で利用しましょう

コイントス法のメリット・デメリット

コイントス法を使う時に気を付けるポイント

コイントス法はコインを投げて出たコインの面が表か裏かによって賭け方を変えるベットスタイルです。古くから争いごとの解決方法としてや、スポーツ競技の先攻を決める際の公平な勝負の付け方だと利用されてきた歴史があります。オンラインカジノでもこのコイントス法が利用されており、特にコイントス法を利用するとメリットがあるのは二者択一のゲームに限られるので、スロットなどのゲームに適しているメリットを持ちます。

二者択一のゲームにしか利用できないという点から、コイントス法を利用する場合の注意点は、オンラインカジノで人気のライブカジノのバカラやルーレットなどには適応していないデメリットがあります。このデメリットからルーレットの赤黒など2つのうちどちらか一方に賭けたい時に使用され、二者択一のゲームであればどんなゲーム内容でも応用して利用することができるメリットを持ちます。

コイントス法の優れている点

コイントス法の最大のメリットとは、二者択一のゲームでどうしてもどちらか決めかねてしまった場合にも、コイン1枚あれば出目を簡単に決めることが出来るので、考える手間を省きたいという方にメリットがあります。オンラインカジノ、特にライブカジノはディーラーとの対戦となることも多いため、自分で出目を決めるような場面では熱くなるデメリットがあります。しかしコイントス法ならコインが賭ける先を決めてくれるメリットがあるので、いつでも平常心でゲームを勧めたいという方に向いています。

デメリットとしては非常にシンプルなベット方法なので、途中で飽きてしまうという方は多いです。また最大のデメリットとしては二者択一のゲームにしか利用できないため、ライブカジノで人気の高いバカラなどには対応させることができないデメリットを持ちます。そのため利用する際には遊ぶゲームをきちんと選び、メリットやデメリットをきちんと理解しておきましょう。

こちらの記事もチェック⇒「オンラインカジノ 日本人プレイヤーにお勧めのカジノの総合ランキング